スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ビビビのブログ

以前、松田聖子サンが再婚会見で
お相手の男性を初めて見た瞬間
「ビビビときました」と、発言したことから、
「ビビビ婚」という言葉がよく使われていた時期がありました。

初めて会った男性に「ビビビときた」という経験はないけれど、
ブログの中では結構「ビビビ」を感じることがあります。

初めてのブログにお邪魔するとき、
ブログを開いた瞬間に、
「あっ!このブログ好きかも・・・」と、
感じるこの感覚・・・

文章を読む以前に、テンプレートの感じや写真の雰囲気などで
なんだかしっくりくるブログってあるものです。

そういうブログにめぐり合えると
「この場所でしばらくゆっくりさせていただこう」と、
記事や画像をしばし楽しませていただくことになります。

この感覚は、思いがけず自分好みのカフェや
雑貨屋さんを見つけたときのワクワク感に似ています。

ビビビときたブログは、文章を読んでもしっくりと
心に寄り添うものを感じることが多いものです。

人と人にも相性があるように、ブログにも相性ってありますね。

このビビビのお陰で、私は多くの素敵な出逢いに恵まれました。
そして、これからも自分のビビビを信じて、
素敵なブログとの出逢いを大切にしたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪

odr02.jpg
(c)ミントBlue


17:45 | ひとりごと | comments (10) | trackbacks (0) | edit | page top↑

理想の手仕事風景

先日、自分用にカゴバッグを作り、
その楽しさから2作目に取り掛かろうと、
意気揚々と糸を用意したものの、
未だに取り掛かれずにいます。



とっても編みたいけれど、編めない理由とは…

夢中になり、時間も忘れて編んだ
前作のかごバッグですが、
製作途中にふと鏡に映った自分の顔にびっくり!

疲れ果て、目は落ち込み、顔色はくすみ…
「誰ですか?この疲れた中年女性は?」って、
自分で聞きたくなるほどの酷さに、
しばし、唖然。

何れにせよ、自分が中年女性であることには違いないのですが、
その顔があまりにも精彩を欠いていることに
思わず「はぁ~…」と、
落胆のため息を漏らしてしまいました。

夢中で編んでいるときは、気付かなかったけれど
一旦、針を置いて姿勢を正すと、
肩はガチガチに凝り固まり、
嫌な感じの頭痛まで。

30代の頃は、少々無理をしても
顔に出たり、頭が痛くなったりすることもなかったのに、
年を重ねるって、こういうことなんですね。

とっても編みたいけれど、
また、あんなに疲れ果てた顔になるかと思うと
針を持つのが億劫になってしまいました。

昼下がり、
レースのカーテン越しの優しい日を浴びながら、
淹れたての紅茶の香りの中で楽しむ手仕事時間。

これが私の理想の手仕事風景なんだけど…

40代も半ばを過ぎると、
好きなことをするのでさえ、
自分の思うようにはならない現実があるものです。

理想の手仕事風景に
疲れ果てた中年女性が出現しないよう
あまり根を詰めずに
ほどほどに手仕事時間を楽しみたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪
11:30 | ひとりごと | comments (6) | trackbacks (2) | edit | page top↑

丁寧な暮らしに憧れる主婦なんです

時々、このブログのコメント欄に
「ekomamaさんの丁寧な暮らしぶりに…」とか、
「ekomamaさんのように毎日を丁寧に…」などという
もったいないお言葉を頂戴するのですが、
その度に私は、
「あ~、恥ずかしい~」と、
なんとも言えない居心地の悪さを感じてしまいます。

とっても嬉しい思い違いで、
私のことを
「丁寧な暮らしをおくる主婦」と
思われている方もいるようですが、
私は「丁寧な暮らしに憧れる主婦」で、
けっして「丁寧な暮らしをおくる主婦」ではないんですよ。

今日だって、冷蔵庫のドアポケットからこんなものが…



ケーキ用のブランデーが2本。
全く同じものが2本…
しかも、どちらも使いかけ…
家事の基本とも言える
冷蔵庫の在庫管理でさえできていません。
なんともまあ、お恥ずかしい。

ブログというものは、
自分の見せたい部分だけを都合よく
切り取ることができるので、
私の中の丁寧な部分だけを切り取ってつなぎ合わせると
あたかも私が
「丁寧な暮らしをおくる主婦」のように見えるでしょう。

家の中のきれいな部分だけを切り取って画像にすれば
あたかも私が静謐な生活空間で
毎日を送っているようにも見えるでしょう。

でも、実際には雑然としている部分もあれば、
生活感満載の部分もあります。

まだまだ、憧れの「丁寧な暮らし」への道のりは
遠いけれど、
切り取れる丁寧な部分を少しづつ増やし
何処を切り取られても恥ずかしくない
本物になりたいと思います。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪
17:35 | ひとりごと | comments (12) | trackbacks (2) | edit | page top↑

小学校卒業式

次女の小学校卒業式も無事に終わり、
いよいよ私も小学生ママを卒業することになりました。






お世話になった多くの方々に感謝するとともに
小学生ママとして楽しい毎日を送らせてくれたわが子にも感謝!
親子共々、楽しい小学校生活でした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪
11:20 | 子供たちのこと | comments (0) | trackbacks (2) | edit | page top↑

修理した靴を履くシアワセ

近頃は、手頃な価格でおしゃれな靴がたくさん出回っているので、
わざわざ修理に出してまで同じ靴を履き続ける人は
あまりいないかもしれません。

ともすれば、修理代でパンプスが
一足買えるかもしれないことを考えると、
修理に出すよりも、新しい一足を買ったほうが
賢明とも言えるでしょう。

でも、修理をしてまでも履き続けたいと思える
一足を持っていることは、幸せなことです。

先日、久しぶりに靴を修理に出しました。

もう、20年も前に香港のフェラガモで購入した
エナメルのパンプスは、履き心地もよく、
今だに十分履ける状態です。
痛んでいたヒールの部分を打ち直してもらい、
丁寧にお手入れをして頂いたお陰で、
とてもきれいになりました。



香港で一緒に購入した、
パンプスとお揃いのバッグも、
今でも私の大切なお気に入りです。



明後日の次女の卒業式には
この靴とバッグで出席するつもりです。

独身時代に友人と訪れた香港で、この靴とバッグに出会ったとき、
20年後の自分がこの靴とバッグを身につけて
子どもの卒業式に出席することなど想像すらできませんでした。

ときを経ても尚、持ち続けられる一品に出会えた
友人との香港旅行は、
今となってはかけがえのない独身時代の1ページです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪

15:30 | ひとりごと | comments (9) | trackbacks (1) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。