スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

展開料理

辰巳芳子の展開料理 基礎編辰巳芳子の展開料理 基礎編
(2009/05)
辰巳 芳子

商品詳細を見る


昨年末、以前からほしいと思っていた料理本
「辰巳芳子の展開料理 基礎編」を購入しました。

辰巳先生の本は、ずっと気になりながらも、
なんとなく私のような中途半端な主婦が手にするのもおこがましいような
高尚なイメージがあり、購入をためらっていました。
価格もお高いですしね...^^;

でも、「展開料理 基礎編」を知ったとき、「これはほしい!」と
思ったのです。

主婦歴もそこそこ長く、中堅主婦の部類に入ろうかという私ですが、
料理の腕前は一向に上がらず、覚えるのは手抜きばかり...

結婚したばかりの頃は、もう少し時間も愛情もかけて
毎日、食事の支度に向き合っていたのになぁ...と、
後悔、反省、焦りばかりの日々なのです。

そんな自分の背すじをピシッと伸ばしてもらえるような気がして、
辰巳先生の料理本を購入しました。

もう一度、食生活を基礎から見つめなおそうと思ったのです。

よほどの料理好きの人ならいざ知らず、毎日の食事の用意に
頭を抱える日々を送っておられる主婦の方は、
少なくないはず。

辰巳先生は、この本の中で
「人数分を1回分のみ作る」という台所仕事の繰り返しは、空しい事だと指摘されています。

出汁を毎回ひく。わかめをあせりつつ毎回角切りにする。
お腹をすかせた子をなだめつつ、合わせ酢を作る。
こういう台所仕事の繰り返しが
「これが果てしなく続くのか」という、気持ちにさせるのだと。

たとえば、出汁は曜日を決めて1週間分ひき冷蔵または冷凍にし、
この出汁を用いて二杯酢、三杯酢、八方つゆにするなど、
出汁やスープ、ソースなどを展開させることで毎日の台所仕事に
ゆとりと広がりをもたらすことができます。

辰巳先生は
「展開料理の向こうに用意しておいたのは、このゆとりです。」と、
おっしゃっています。

さすが、「台所の哲学者」辰巳芳子先生!
料理本としてはもちろんですが、エッセイとしてもすばらしい1冊です。






スポンサーサイト

23:54 | | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
ベビーシューズの思い出  ~一期一会~ | top | 時計のリメイク

comments

# 本当にそのとおりです☆
私も合わせ酢など造り置きできるものはつくってためてあります♪
野菜もカットして冷凍したり、たれやルーも手抜き主婦かな~と思いつつ
すぐに使えるように保存があります☆
なんど助けられたことか・・・。
素敵な本なのでしょうね☆
こんどのぞいてみます♪
良い情報をありがとうございます!!
cocoro | 2010/01/12 14:54 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは
時々、遊びに来させていただいてました。
料理を展開させる事って大事ですよね!
ちょっと多めに作ってみたら精神的にゆとりが持てる気がします。
展開させるっていい言葉ですね^^
また遊びに来させてくださいね♪
rika | 2010/01/12 16:09 | URL [編集] | page top↑
# cocoroさんへ
さすがcocoroさん!

やはり、料理がお上手な人はひと手間かけて
下準備をされているんですよね~
手抜きなんて、とんでもない!
それこそ、展開料理ですよ~^^
ekomama | 2010/01/12 17:25 | URL [編集] | page top↑
# rikaさんへ
ご訪問&コメントありがとうございます。
わたしも時々、rikaさんのところへお邪魔していました。

今日もrikaさんのところでお鍋の数の記事を読んで、
我が家にはなんと無駄なお鍋が多いことかと、考えていたばかり...^^;

料理を展開することを意識的にすると、
台所仕事に、もっとゆとりがもてるだろうなって思います。

私もまたお邪魔させていただきますね~



ekomama | 2010/01/12 17:33 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://6hana4yuki.blog109.fc2.com/tb.php/58-1cc05b8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。