スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

品格は難しい・・・

このところの「海老蔵事件」の報道を見て、
品格について考えさせられたという方も多いかと思います。

この事件報道で、私が思い出したのは、
かなり前に読んだ田辺聖子さんの小説「お気に入りの孤独」の
この一節。

下品な人が下品な服装、行動をとるのは、
これは正しい選択であって下品ではない。
しかし下品な人が、身にそぐわない上品なものをつけているのは下品である。
また、上品な人が、その上品さを自分で知っているのは下品である。
反対に、下品な人が、自分の下品さに気付いていることは上品である。


おごらず、身の丈を知る人こそ真の品格を持ち合わせた人と言えるのでしょう。


「上品そう」には見えても、
「わたしって上品でしょう?」という態度が少しでも見え隠れした時点で
一気に品がなくなってしまいます。


歩きながらクレープをほおばる姿にも品が感じられる人もいれば、
高級フレンチでドレスアップしていても
全く品が感じられない人もいるというのは、
田辺聖子さんのこの一節で説明がつきますね。


自分を知ること。
身の丈に合った振る舞いが身についていること。
自分を知ることは大切だけれど、
それを意識すると品がなくなるということでしょうか・・・

う~ん、実に難しい・・・

身の丈に合った振る舞いが無意識にできるようになったとき、
人は本当の品格を持ち合わせるのかも知れませんね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪


xmas04m.jpg 


何かと忙しくPCに向かう時間があまりないため
コメント欄は閉じさせていただいています。
スポンサーサイト

15:07 | 日々のこと | trackbacks (0) | edit | page top↑

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://6hana4yuki.blog109.fc2.com/tb.php/147-62546280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。