スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

クロスステッチの蔦

学生時代によく行ったレストランは、落ち着いたインテリアの店内に
静かにジャズが流れるそれはそれは、素敵な空間でした。

もとは、個人の邸宅だったというそのレストランは、
駐車場から入り口に続く石畳も、
程よく絡まった外壁の蔦も
長い年月を経たことでしっくりとなじみ、
高級感あふれる雰囲気をかもし出していました。

そのお店に行くたびに私は、
自分がうんと大人になったような気がしたものです。

店内の壁の高い位置に小さな真四角の小窓があり、
その小窓から外壁をつたう蔦の葉がやさしく覗いています。
蔦の葉ごしのやさしい光がテーブルに落ちるのを
静かなジャズを聞きながら眺めるその時間は、
今にして思えばなんて贅沢な時間だったのだろうと思います。

a0960_000513.jpgASHINARI

いつの間にか、あのレストランに行くこともなくなってしまいましたが、
蔦の覗く小窓がどうしても忘れられなくて、
クロスステッチで蔦の小窓を作ってみることをふと思い立ちました。
まだ、独身のころの事です。

夜明け前の静寂をイメージしたブルー系の蔦。
新緑の若葉をイメージした緑の蔦。
秋の夕日に照らされた晩秋の暖色系の蔦。

3部作、とでもいうのでしょうか。
それぞれの作品を小さな窓枠に見立てた正方形の額にいれて
部屋に飾りたいと思ったのです。

蔦のスケッチを描き、それをクロスステッチの図案に起こし、刺繍する。

まず最初に取り掛かったのは、緑の蔦。
配色は、そのときの思いつきで。

次に、ブルーの蔦。
藍色、水色、青、紺・・・

最初は、嬉々として無心で刺していたのですが、
2つ目のブルーの蔦を刺し終わるころに、
私は「何か違う・・・」と、感じはじめました。

私があこがれるあの木漏れ日の小窓の蔦の雰囲気とは、
何か違います。

一度、「何か違う・・・」と、思い始めると、
もう、すっかりやる気が失せてしまうのが私の悪い癖。

a0960_000022.jpgASHINARI

結局、秋をイメージした暖色系の蔦を作ることもなく、
また、出来上がったブルーと緑の蔦も日の目を見ることなく、
棚の奥深くにしまい込んでしまいました。

その後、結婚し実家を離れた私は、
あのレストランの小窓を思い出すことも、
クロスステッチで蔦の小窓を作ろうとしたことも
すっかり忘れてしまっていました。

そして、今・・・

そんな忘れ去られた古びた作品は、
実家のリビングに飾られています。

母が見つけて額に入れて飾ってくれたのです。

あの頃は、「何か違う・・・」と、
納得のいかなかった作品ですが、長い時を経て、
それはそれでいい味なのかなとも思えるようになりました。

SBSH0321.jpg

a0001_008919.jpgASHINARI

SBSH0319.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪
スポンサーサイト

19:25 | 手仕事 | comments (14) | trackbacks (0) | edit | page top↑
気になる小道 | top | 阪急電車

comments

# No title
ご自分で図案を起こされて作品を作られたんですね。とてもステキな想い出の物を。見たものを想い出と合わせて作品にできるなんてすごいと思います。

ekomamaさんの歴史の1ページを見せていただいたような気がします。
お部屋にとけ込むような自然な刺繍ですね。
ちゃんと額にして飾ってくださるお母様も素敵な方ですね。
まみらし | 2010/09/05 20:18 | URL [編集] | page top↑
# まみらしさんへ
こんばんは^^

> ご自分で図案を起こされて作品を作られたんですね。とてもステキな想い出の物を。見たものを想い出と合わせて作品にできるなんてすごいと思います。

今だったら、絶対出来ないような作業ですよね。
若かったので、自分のための時間も気力もたっぷりあったんだなぁ~って思います。


> ekomamaさんの歴史の1ページを見せていただいたような気がします。
> お部屋にとけ込むような自然な刺繍ですね。
> ちゃんと額にして飾ってくださるお母様も素敵な方ですね。

ありがとうございます。
作ったときは、「何なんだコレは?」って、
あまりの駄作ぶりに捨ててしまおうかと思ったのですが、
今となっては捨てないでよかったなと思います。

母が刺繍に合う額を見つけて入れてくれたので、
なんとなく味のある作品に見えますね。
でも、やっぱりはずかしいかな・・・
ekomama | 2010/09/05 20:31 | URL [編集] | page top↑
# No title
連作って見ごたえがありますよね。
緑と青の蔦は、現実の世界と時が止まった世界のようで、とても素敵です。

お母様もとても嬉しかったと思いますよ。
あまおう | 2010/09/06 00:26 | URL [編集] | page top↑
# あまおうさんへ
こんにちは^^

現実の世界と時が止まった世界・・・

とてもすてきな表現ですね。
古い作品をあまおうさんに素敵に表現してもらえて
とても嬉しくなりました。
言われてみれば、確かにそんな風に見えますね。
ekomama | 2010/09/06 13:14 | URL [編集] | page top↑
# No title
こんばんわ。
思い出の場所(風景)を、自分の手で作品にする事、素晴らしいです。
いつまでも、心の中で艶やかに蘇りますものね。
そして、その作品を発見されたお母様は、とっても穏やかな気持ちになった事でしょう。
後に残る作品は、やはり作り手の気持ちがはいってるので、素敵ですね。
ekomamaさん、お上手です☆
Kana | 2010/09/06 23:15 | URL [編集] | page top↑
# No title
図案からおこされてステッチされたんですね。
写真を見るとかなりの力作!!
途中で止めてしまった秋の作品も目にしてみたかったなぁなんて、
思わず思ってしまいました。


きちんと額に入れてお家に飾っていらしゃるお母様。
ekomamaさんの丁寧な暮らしは、お母様から受け継がれてるんですね^^
ゆらりの | 2010/09/07 09:59 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2010/09/07 16:22 | URL [編集] | page top↑
# こんばんわ☆
ekomamaさま☆
素敵な嬉しいコメントありがとうございます!!

そして今回の記事・・・。
素敵な思い出と素敵な作品。
見つけたお母様が実家に飾ってくれるなんて、
お母様も素敵な方ですよね♪
当たり前か!!
だってekomamaさんのお母さんですものね!

あったかい作品。
当時はイメージと違う気がして気にいらなかったんですね。
でもなんて温かみの感じられる作品に出来上がっているんでしょう!!
私も飾りたいです◎
cocoro | 2010/09/07 22:57 | URL [編集] | page top↑
# Kanaさんへ
こんにちは^^

PCの調子が悪く、コメントの承認と返信ができず、
ご迷惑をおかけしました。
返信が大変遅くなり、ごめんなさい。

> 思い出の場所(風景)を、自分の手で作品にする事、素晴らしいです。
> いつまでも、心の中で艶やかに蘇りますものね。

手作りのものはいいですね。
人から頂いたものでも、子どもが作ったものでも
作品を見ると、作ったときのことなどがすぐに甦ります。

> そして、その作品を発見されたお母様は、とっても穏やかな気持ちになった事でしょう。
> 後に残る作品は、やはり作り手の気持ちがはいってるので、素敵ですね。

作ったときは気に入らなくても、
時間と共にそれが味わいだと思えるようにもなってくるものですね。

> ekomamaさん、お上手です☆

Kanaさん、ありがとう♪
写真で見るとそれなりの作品に見えるかしら・・・えへへ^^;
ekomama | 2010/09/10 10:40 | URL [編集] | page top↑
# ゆらりのさんへ
こんにちは^^

PCの調子が悪く、コメントの承認と返信が遅くなり
ご迷惑をおかけしました。
返信が大変遅くなりごめんなさい。

> 図案からおこされてステッチされたんですね。
> 写真を見るとかなりの力作!!
> 途中で止めてしまった秋の作品も目にしてみたかったなぁなんて、
> 思わず思ってしまいました。

ありがとうございます^^
写真で見ると力作に見えます?
でも、実物は結構小さ~い作品で、色合わせもテキトーな感じで
力作というには程遠いかも・・・^^;

でも、図案から起こしてステッチをするのは、
今ではとても出来そうもありません。
根気がないかも・・・

> きちんと額に入れてお家に飾っていらしゃるお母様。
> ekomamaさんの丁寧な暮らしは、お母様から受け継がれてるんですね^^

うれしいお言葉をありがとうございます。
私の暮らしぶりはまだまだ「丁寧な暮らし」とは言えないですね^^;
丁寧な暮らしに近づけるようがんばりたいと思います。
ekomama | 2010/09/10 10:49 | URL [編集] | page top↑
# cocoroさんへ
こんにちは^^

PCの調子が悪く、コメントの承認と返信が遅くなり
ご迷惑をおかけしました。
返信が大変遅くなりごめんなさい。

> そして今回の記事・・・。
> 素敵な思い出と素敵な作品。
> 見つけたお母様が実家に飾ってくれるなんて、
> お母様も素敵な方ですよね♪
> 当たり前か!!
> だってekomamaさんのお母さんですものね!

いえいえ、なんだかお恥ずかしいです^^;
自分の作品を母が選んだ額縁に入れてもらうと、
また違った雰囲気に感じられていいものですね。

> あったかい作品。
> 当時はイメージと違う気がして気にいらなかったんですね。
> でもなんて温かみの感じられる作品に出来上がっているんでしょう!!
> 私も飾りたいです◎

ありがとうございます。
当時は、気に入らなくて捨ててしまおうかと思っていたんですが、
時を経てこうして皆さんに見ていただけて、嬉しいです。

ekomama | 2010/09/10 10:57 | URL [編集] | page top↑
# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2010/09/10 18:39 | URL [編集] | page top↑
# No title
はじめてのコメントです
なんとも気持ちのよい記事でありました
私はヒデラに憧れて、ブロックに這わせました
その時の、情熱のようなものを思い出したです
額に飾って下さった、お母様がすてき
はな | 2010/09/12 13:03 | URL [編集] | page top↑
# はなさんへ
はなさん、はじめまして^^
ご訪問&コメントをありがとうごさいます。

> なんとも気持ちのよい記事でありました

こんな風に言っていただけるととっても嬉しいです。

> 私はヒデラに憧れて、ブロックに這わせました
> その時の、情熱のようなものを思い出したです

緑が壁に程よく這っている状態って、
とても素敵で憧れますよね。
でも、なかなか思うようには
這ってくれなかったりするんでしょうね。
植物を育てるのにも情熱が必要ですよね。

> 額に飾って下さった、お母様がすてき

ありがとうございます。
刺繍にぴったり合った額縁を選んでくれて
いい感じに壁に飾られています。

とても、うれしいコメントをありがとうございました。
また、よかったら遊びにいらしてくださいね^^
ekomama | 2010/09/12 15:31 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://6hana4yuki.blog109.fc2.com/tb.php/139-fa627bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。