2011年 01月
12 | 2011/01 | 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

絶つ鳥跡を濁しすぎ!!

この場所に訪れて下さる方から時々
「ekomamaさんの記事に癒されました」なんて、
お優しいコメントを頂くことがあります。

私が書いた文章に癒しを感じてくださるなんて、
恐れ多くも嬉しいことです。
ありがとうございます。

でも今日は、先に言っておきしょう。
今日のekomamaは、怒っております。
なので今日の記事に癒しの要素は、0%です。
癒しを求めてこの場にお立ち寄りいただいた皆様
ごめんなさい!!



さてさて、私が何に怒っているのかをお話したいと思います。

我が家の近所に2歳、3歳、4歳の年子の兄弟を持つ
若いご夫婦がいらっしゃいます。

転勤でこちらに来られて、見知らぬ土地でも
パワフルに子育てをされているお母さんに
私は、いつも感心していました。

我が家とは、子どもの年齢も離れているので
それほど親しくしていたわけではないですが、
うちの娘たちが小さい頃に読んでいた絵本を
差し上げたり、お土産を渡したりするようなことは、
何度かありました。

そのご家族の姿を最近お見かけしないなぁ・・・と、
思っていたところ、子どもから
「お引越ししたみたいよ」との情報が
入りました。

「えっ?」
ちょっとびっくりでした。

このあたりは、転勤族の方も多いのですが、
大抵お引越しをされるときは
簡単な挨拶をして出て行かれます。

でも、考えてみたら2、3、4歳の子どもを抱えての
引越し作業は、さぞ大変だったことでしょう。
ご近所への挨拶どころではなかったのだろうと、
少し残念な思いもありながらもそれほど
不快には思いませんでした。

ところがです!

朝、いつものようにゴミステーションに
ゴミ袋を持って行って、
私は、目を疑いました。

扉付きの小さなゴミステーションの中には、
乱雑に投げ込まれた資源ごみ、
粗大ゴミ処理券の添付されていないベビーカー、
可燃と不燃が分別されていないと思われるごみ袋、
山のように積まれた可燃ごみ・・・

指定の曜日も処理券もルールもオール無視のごみが
山積みされているのです。

お引越しで出たごみをルール無視でぜ~んぶ処分していかれたのですね・・・

資源ごみも粗大ごみも月に1度しか回収がありません。

その方のごみがごみステーションを占領しているので、
私たちはごみステーションの扉の前に
ごみを置くしか仕方ありません。

今週の日曜日は、地区児童会の資源リサイクルの日です。

あの乱雑に出されたごみの中から、
資源ごみをより分けて、
紐で縛らなければいけません・・・

あの若いご夫婦には、
ルールを無視してごみを出したら
誰かに迷惑がかかるという想像が
出来なかったのでしょうか・・・

いつもは癒し系(自分で言う!?)の
ekomamaも今日は怒ってます!!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪





スポンサーサイト

15:38 | 日々のこと | comments (18) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。