スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

今年の手帳は?そして、来年は?

昨年末、私はブログにこんなことを書いています。

「ほぼ日手帳」を来年1年間使ってみることにしました。
来年の今頃、「やっぱり主婦日記の方が...」と思っているか、
「次の年もほぼ日で...」と決めているか、1年後が楽しみです。


(そのときの記事はこちら→


SBSH0974.jpg
千鳥格子のカバーにイニシャルのワンポイントをつけた「ほぼ日手帳」です。


愛用していた婦人之友社の「主婦日記」から
「ほぼ日手帳」に変える事にした昨年末に
この記事を書いてから1年が経ちました。

さて、その結果は・・・

実は半年ほどで私は、「ほぼ日手帳」を挫折していました。
その後、結局、「主婦日記」にもどり
今は「主婦日記」を使っています。


SBSH0976.jpgSBSH0978.jpg
今使っている「主婦日記」には、
オレンジのカバーをつけています。



去年のブログに私は、こんなことも書いています。

「主婦日記」の基本は、まず1年を見渡して家事予定をたて、
その中で各月にどういうことをするのかを決め、
その中でまた1週間の日割りを決めることにより、
1日の生活の予定がたつというものです。
この基本さえおさえていれば、
手帳自体は自分の使いやすいもので十分だと
実際に「主婦日記」を使ってみて感じました。


今改めて去年の記事を読んでみて昨年末の自分にひとこと・・・

甘い!!

104年の歴史のある「主婦日記」を
甘く考えてはいけません!

どこにでもあるようで、どこにもない・・・
それが104年間使い続けられてきた所以なんでしょうね。

ところでなぜ私は「ほぼ日」を使いこなせなかったのか・・・?

答えは明白。
それは、1週間見開きのページがなかったから。


SBSH0975.jpg
1日1ページというのが「ほぼ日」の大きな特徴でもあるのですが、
私にはこれが使いこなせなかったのです。

1週間単位で考えたり、予定を立てたりする習慣が付いている私には、
1週間見開きページがないとなんだか落ち着きません。

1ヶ月のページで代用できるようにも思えますが、
やはりちょっと違います。

「1週間の見開き」、これが私の手帳選びのポイントです。


SBSH0977.jpg
予定の他、小中学校の給食メニュー、塾の送迎時間、夕食の献立などなど、
なんでも1週間の見開きページに書き込んでいます。


そして、来年の手帳は・・・
もちろん「主婦日記」です。


主婦日記 2011主婦日記 2011
(2010/10)
不明

商品詳細を見る

表紙もカワイイ!!





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
いつも応援をありがとうございます♪



スポンサーサイト

08:56 | 手帳 | comments (12) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「主婦日記」と「ほぼ日手帳」

いよいよ昨日から「ほぼ日手帳」デビューをしました。
ほんとは、今年いっぱいは「主婦日記」を使ったほうがいいのでしょうが、早く新しい手帳が使いたくて...^^;

主婦日記もとてもいい手帳です。
来年の主婦日記は、表紙もかわいいですね。

主婦日記 2010主婦日記 2010

商品詳細を見る


今年の私の「主婦日記」です

見開き2ページに1週間分のスケジュールを記入するタイプの手帳です。

1日を3つに分けて左にその日の主な予定と小学校の給食のメインメニュー、中央に家事予定と夕食のメニュー、右に日記的な記録を記入しています。手帳に給食のメニューを記入するようにしてから、夕食のメニューと重なることがなくなりました。

それまでは、なぜか

「え~っ!!晩御飯カレーなの?給食もカレーだったのに!」 

「ひゃ~!ごめんね~(汗)」

なんてことがよくありました。チェックしないとホント不思議なほどメニューが重なってました。

 

この他心に残った言葉や行きたいお店の情報など右下のmemo欄に何でも書き込んでいます。

 

 

 



 
1259642425b.jpg 

こちらが私が昨日から使い始めている「ほぼ日手帳」です

 

12月は見開き2ページに4日分の予定が記入できます。1月からは見開き2ページに2日分になります。

この手帳を「主婦日記」として使用するつもりです。

自分なりの使い方を見つけられるまで、試行錯誤の日々になりそうです。

 





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


15:41 | 手帳 | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑

手帳 その2


今年の「主婦日記」(左)と来年の「ほぼ日手帳」(右)

 「主婦日記」の表紙は、数年前に使っていた手帳の表紙をカラーコピーしてカスタマイズしました。
「ほぼ日手帳」のカバーは、たくさんの種類の中から千鳥格子を選びました。イニシャル”E”の刺繍ワッペンを貼り付けています。

 大きさは「主婦日記」がB6、「ほぼ日手帳」は文庫本サイズです。

 写真で見るとほとんど同じ大きさに見えますが、実物は「ほぼ日」のほうが、ひとまわり小さいです。 でも、1日1ページの「ほぼ日」は、ずっしり重いです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


09:21 | 手帳 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

手帳 その1

 昔から手帳が大好きでいろんなタイプの手帳を使ってきました。でも、好きな割には完璧に使いこなしたためしがなく、空欄だらけの手帳を前に「来年こそは!」と反省することの繰り返しでした。

 昨年、何気なく書店で手にした「暮し上手の家事ノート」から、婦人之友社の「主婦日記」を知り、今年の手帳は「主婦日記」に決めました。

 この手帳は102年前に「婦人之友」の創設者、羽仁もと子さんが創案されたもので、それぞれ見開き2ページに年間予定、月間予定、週間予定を記入するようになっています。予定に沿って家事を上手に運営していくための云わば「家事ノート」とでもいうべきものです。

 「主婦日記」は、私の長い手帳歴の中で、最も使いこなせた手帳ではないかと思います。とは言え、特別変わった手帳というものではなく、このような仕様のものは他にもたくさん市販されていると思います。「主婦日記」のはじめのページには、詳しく使い方が記述されていて、この使い方のおかげで長年試行錯誤してきた私の手帳管理術もかなり整理されました。また、「暮し上手の家事ノート」にも「主婦日記」について書かれていますので、大いに参考になりました。

 そんな訳で、来年も当然のように「主婦日記」を使うつもりでいたのですが、何気なく立ち寄ったサイトで「ほぼ日手帳」を知り、来年は "「ほぼ日手帳」を「主婦日記」のように使う" ことに決めました。

 「主婦日記」の基本は、まず1年を見渡して家事予定をたて、その中で各月にどういうことをするのかを決め、その中でまた1週間の日割りを決めることにより、1日の生活の予定がたつというものです。この基本さえおさえていれば、手帳自体は自分の使いやすいもので十分だと実際に「主婦日記」を使ってみて感じました。

 「主婦日記」は、使いやすくすばらしい手帳だとは思うのですが、いくつかの点で多少の不便を感じています。
 まず、大きさですが、B6というのが私にとっては少し大きすぎる感があります。人前でスケジュールを確認するときなど、大きさゆえになんだかとっても大げさな感じになってしまう気がします。「あと、ひとまわり小さければ...」と、使い始めた当初から感じていました。
 次に罫線です。使う人が自由に使えるようにとの配慮から、罫線は最小限に留めてあり、あとは使い手が好みで線を書き加えるようになっています。毎回定規で測って、罫線を書き加える作業は、私にとっては結構面倒に思える作業でした。

 その点を解消してくれそうな「ほぼ日手帳」を来年1年間使ってみることにしました。来年の今頃,、「やっぱり主婦日記の方が...」と思っているか、「次の年もほぼ日で...」と決めているか、1年後が楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ


14:52 | 手帳 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。